暑苦しいのは自分だけ?


梅雨明け宣言がしないまま、蒸し暑い毎日が続いていますが、
皆さんは体調を崩さずに過ごすことが出来ていますか。

クリニックではお腹の風邪がはやっています。
冷えすぎたモノを食べ過ぎないように注意しましょう。

最近、ニュースで聞くようになった「熱帯夜」という言葉。
正しい定義を知らない方も多いのではないでしょうか。

熱帯夜とは、日本の気象庁の用語で、「夜間(夕方から翌朝まで)の最低気温が摂氏25度以上のことをいう
熱帯夜 wikipediaより

この用語、最近になって聞くようになったと思うのですが、実は定義は昔からあるようで。
どうして、最近聞くようになったのか、と調べてみると、ある一つの現象に行き着きました。

無題

このグラフを見ても明らかなように、年々熱帯夜の日数が増えているんです。

就寝時にクーラーをつけている方はいますか。

日本冷凍空調工業界が統計をつけはじめた1972年から
エアコンの販売台数はこのように右肩上がりになっています。

2

このことから、はじめは便利な生活家電として拡大していったことは確かですが、
熱帯夜の日数上昇と、うまく重なっていることが分かります。

このことから

熱帯夜にエアコンを使用しないと、熱中症のリスクが高まる。

ということです。

暑苦しいのは自分だけと考えず、是非「命を守るため」、エアコンを使用するようにしてください。

スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

マツイ ケンジ

救命センターの看護師。英国型のナーシングホームをやりたい。アロマなどを用いて西洋医学一辺倒ではないケアを提供することが目標。学園祭で講演会を1人で企画運営し成功させた。アトピー性皮膚炎の患者指導も研究している。