プライム会員の私がamazon unlimitedを契約しない理由


amazonはインターネットで本を発売することにより、店舗を構える本屋さんに大きな打撃を与えました。本屋さんも生き残りをかけて、他の本屋さんとの差別化を図っています。子供たちが大好きな絵本専門の本屋さんもあります。

しかし今回amazonはそんな本屋さんの気持ちを知ってか知らずか、さらなる猛追撃を仕掛けてきたのです。それがこちら。amazon unlimited なるサービス。
Amazon、日本でも「Kindle Unlimited」スタート--月額980円で電子書籍読み放題
アマゾンジャパンは8月3日、月額980円の定額読み放題サービス「Kindle Unlimited」を開始すると発表した。

スポンサーリンク

Amazon Unlimitedの簡単なルール説明

こちらのサービスを契約すると、本を1回10冊まで読むことが出来るようになります。回数の制限はありません。月額は980円です。イメージに近いのは図書館でしょうか。小説やマンガなどを合わせて10冊レンタルできるような感じ。注意しなければならないのは、それ以上借りたい場合にはどれかを手放さなければならないということです。

利用は至って簡単です。

まずkindle WhitePaperなどの端末からkindleストアにアクセスします

普段利用している1-clickで購入以外のボタンが出現しています。

「読み放題で読む」をクリックすると、ライブラリにダウンロードされます。

あとはタップして読むだけ

Kindle端末だけではなく、スマホやタブレット端末でも操作することが可能です。その際は、アプリ経由ではなくブラウザ経由でamazonにアクセスしていただき、kindle ストアに進めばダウンロードできます。

一番大切なこと。それはラインナップ

一番大切なのはラインナップです。図書館の利点はそこにあります。図書館をおいしく使うためには、未発売の新刊をリクエストして無料で手に入れること。それが980円でかなうのであれば、新刊を読みあされる。コストはすぐに償還されます。ということで、こちらのサイトからラインナップを調べてみました。

日本でもスタートしたAmazonの定額制読み放題「Kindle Unlimited」を早速使ってみた! - Engadget Japanese
月額980円の定額制サービス「Kindle Unlimited」が日本でもスタート。日本ではdマガジンをはじめ定額制の読み放題サービスが各種スタートしており、やや後発ではあるが...
“雑誌は月刊誌が多く、週刊誌は少なめ。「週刊文春」や「週刊アスキー」もなかった。小説も新刊やビックタイトルはあまり見当たらず、マンガも1巻だけ読み放題対象というケースが多いので、お試し的な意味合いも強い。”
(前掲のサイトより)

(;゚Д゚)(゚Д゚;(゚Д゚;)ナ、ナンダッテー!!

正直、1巻だけ読めても仕方がないし、新刊がないなら意味がない。有料でもkindleより発売される小説の数が少ないことは、今でも気になっているくらいだ。いくら読み放題とはいえ、マンガ喫茶を下回るクオリティじゃ仕方がない。

kindle paperwhiteを持っていれば無料の本は沢山ある

知らないヒトは絶対損しているサービスがあります。もし、毎月kindleの本を1冊以上購入していて、kindle端末を持っていないのであれば、今すぐ購入しろと説教したいくらい損しています。そのサービスがこちらです。

その名もkindle オーナーライブラリー
全ての本が対象ではないのが残念ですが、結構有名な本やベストセラーの本も無料になり読めるので便利です。なにしろ、スマホやタブレット経由で買っていたkindle本が実は無料だったとか、結構ショックじゃないですか。

マンガ本を試し読みしてから買いたいという古い考え

マンガを試し読みしてから買いたいというのは、案外古い考えなのかもしれません。そもそも、1巻がつまらなくても5巻や10巻あたりから面白くなるマンガもあります。1巻を試し読みして、面白くなかったから辞めるなんてあんまりじゃないですか。

日本酒やワインは数え切れないほどの種類があります。食べ物屋さんも同様です。見た目だけで判断して、飲むか飲まないか、見た目が良いか悪いかだけで判断している人はあまりいませんよね。食べログやRettyなどのサービス、ソムリエや酒屋などの専門家に意見を聞いてから訪問したり購入したりすると思います。

マンガだって同様だと思うのです。マンガHONZというサービスをご存じですか。

マンガHONZ - HONZ
HONZは読むに値する「おすすめ本」を紹介するサイトです。厳選された読み手が、何冊もの本を読み、そのなかから1冊を選び出して紹介します。
堀江貴文さんをはじめとするキュレーターがマンガについて書評を書いているのです。数多くのマンガを読みあさっている彼らから、マンガの情報を得て購入する方が、素人の自分たちが1巻を読んで判断するよりもよっぽど面白いマンガを引き当てられると思うんですよね。

スポンサーリンク


コレクター心をそそらないAmazon Unlimited

本を所有する喜びは、知識を蓄えているという好奇心を刺激するからです。本棚に並んだ本たちを眺めるだけで、自分の知識が増えているような心持ちがする。だから、積ん読なる言葉もあるんだと私は思います。

kindleストアで青空文庫の本が無料で手に入れることが出来ます。夏目漱石や太宰治などの純文学作家ですがkindleのライブラリにならんだ彼らの本を眺めるだけで、自分の知識に奥行きが出てくる気がします。しかし、amazon limitedは10冊しか得られない。読んだら捨て、読んだら捨て・・・・・・。そんな薄情なこと私には出来ません。

こんなことをいうと、整理収納ソムリエのだーかねさんに怒られてしまいますね。

お金の使い道もゆるくなるんじゃないの

整理収納ソムリエのだーかねさんに怒られる前に、アフラックがごとく「お金は大事だよ」と伝えたいですね。

使いたい放題で片っ端から読めるのは良いですが、続きが気になりませんか。気になって買ってしまっても良いですが、ある程度読み終えたときに残念な気持ちが浮かびませんか。これは、私がamazonでついでにポチろうと思って買ってしまう浪費現象と全く同じです(ドヤ

買わなくても良いのに買ってしまう。空腹でスーパーの買い物に行かない方が良いのと同じですね。マンガHONZや信頼している書評ライターさんの意見を参考に、あるいは本屋さんで自分の嗅覚を信用して本を購入する。そのほうが、お金の浪費をしなくて済むのです。

amazonはそこまでけちじゃなかった

実は、amazonはいきなり980円をぶんどるようなケチなことはしてきません。
しっかりと、30日間無料サービスを提供してくれています。
この30日の間で、私が言っていることが理解できるか、あるいは「これは良いサービスだ」と感じたのか、評価して欲しいと思います。
そして、掘り出し物があったら、こっそり私に教えてください。

実はまだ・・・・・・無料体験もしてないの

たくさん、amazon unlimitedについて語っていますが、私はまだ体験すらしていません。
ただひたすら伝聞で記事を書いています。
うわさばなしというやつ。
だから、沢山のレビューがでてくるといいなとも期待しています。

iphoneは人柱になれるのに、amazonではなれないのよね。

「読み放題」=「善」ではないということを、知っていただけたら良いなと思います。
そして、沢山のヒトにamazon unlimitedをつかっていただき、Kindleの本自体が増えたら良いなと思います。

スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

マツイ ケンジ

救命センターの看護師。英国型のナーシングホームをやりたい。アロマなどを用いて西洋医学一辺倒ではないケアを提供することが目標。学園祭で講演会を1人で企画運営し成功させた。アトピー性皮膚炎の患者指導も研究している。