アタマジラミを最短で駆除するためにやるべき間接的なケア


この記事ではアタマジラミを直接駆除する以外に気をつけた方がよいことをご紹介します。

 

頭皮、頭髪についたアタマジラミと卵を駆除する方法についてはこちらの記事で紹介しています。

アタマジラミの説明、生態についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

 

アタマジラミは頭皮、頭髪にくっついて吸血、産卵、孵化を繰り返し増えていきます。

なので基本的には頭にしかいないものですが、頭が接触する場所に落ちたりくっついたりして広がることもあります。

例えば、

バスタオル

帽子

枕カバー

シーツ

などなど

 

アタマジラミを最短で駆除し、被害の拡大を防ぐためにはこれら寝具や衣類等に付いた可能性のあるアタマジラミも対策しておかなければなりません。

 

スポンサーリンク

ただ洗濯しただけではアタマジラミは死にません

頭から離れたアタマジラミは、吸血することができないので2〜3日で餓死するそうです。

が、洗濯したくらいでは死んでくれません。

こちらの写真は洗濯して乾いたバスタオルをたたんでいるときに見つけたアタマジラミを写したものです。

元気に動いてました….

 

せっかくスミスリンを使って駆除しても、このバスタオルをこのまま使ってしまったらまた元気なアタマジラミがくっ付いてしまう可能性があるということですね。

他の家族が使った場合は、その人も新たに感染してしまうかもしれません。

 

ですので、清潔にする not イコール 駆除する なわけです。

 

被害の拡大を防ぐためには、こやつらとも戦わなければなりません。

 

アタマジラミは高温に弱い

朗報。

アタマジラミ、というかシラミは高温に弱いそうです。

曰く55℃で10分以上、曰く60℃で5分以上

 

色々な方法がありますのでご家庭の環境や洗うものの大きさでお選びください。

 

洗濯機の高温洗浄機能

いまどきの洗濯機の中には高温で洗濯ができる高温洗浄(ホット洗浄) などの機能がついているものがあります。

ちなみにわたしは日立のビートウォッシュという縦型の洗濯機を使っているのですが、こちらは50℃が上限でした。

スポンサーリンク

乾燥機

乾燥機がある家庭はそこまで多くないかもしれませんが、ある場合はぜひ使うとよいとおもいます。

温度等については説明書をご覧ください。

 

アイロン

もっとも手軽で確実なのが、アイロンがけ。

洗濯機の高温洗浄や乾燥機と比べるとかなり高温ですので一発で駆除できます。

値段も1,000円台からあるので、アタマジラミ駆除のために購入するとしてもそこまで痛い出費ではないですね。

 

 

 

熱湯につけておく

ヤカンなどでお湯をわかして浸けておいても確実に駆除することができますが、洗濯物の量が多い時は大変です。

触れる状態に冷ますのにそれなりに時間がかかるのも難点。

あとは火傷の注意も必要です。

 

アイロン掛けができないようなものには良いかもしれませんね。

 

洗えないものは隔離して放置

吸血できないアタマジラミは2〜3日で餓死するので、どうしても洗えないものな場合は、放置しておくのがいいでしょう。

2週間ほど放置しておけば、卵からかえった幼虫も餓死するので確実です。

 

確実に駆除したい場合にはスミスリンパウダーもおすすめです。

 

 

絨毯やカーペットなどは掃除機で

頭と接触しない場所におちたアタマジラミや卵は放置しておいても感染には影響なし!ということになりますが、衛生的にも気分的にもあまりよろしくないのでそこは掃除機をかけてしっかり清潔にするのが良いと思います。

また、寝具については頭が接触する可能性が一番高いところなので特に気になると思います。

そんな時は、布団クリーナーの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

アタマジラミ成虫、幼虫、卵の駆除方法はこちら

 

アタマジラミの説明や生態についてはこちら

スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

dagasoregae

自称、低温調理ブロガー&料理とお酒をこよなく愛する1児のパパ。もうすぐ3歳になる娘に翻弄されならが日々楽しく生きています。料理以外にもPC、カメラなどを得意としています。こちらで個人ブログをやっています→だがそれがいい