忘れないための断捨離のやり方


こんにちは、整理収納ソムリエのだーかねです。

整理収納をする際、最初にすることは「整理」と言うことは何度も言い続けていますが、これは断捨離と似たような言葉の意味と思ってもらって大丈夫です。

簡単に言えば、必要なモノと不必要なモノとに選別し、必要なモノだけを残す作業。

ただ、文章で書くほど簡単ではなく、みなさんここで苦労します。なのでいくつかの基準を書いてみますので、参考にしてみて下さい。

出典:断捨離する物にやたらと迷う人向け、捨てる物チェックリスト。

スポンサーリンク

使っているか。

最も基本です。使っているかどうかです。「新品だから」「未使用だから」と言う理由で保管する方がいますが、持ち続けても使う目処がありませんよね。

無理して使っているか。

例えば服。あんまり気に入ってはいないけど、持っているがために年に何回かは着ないとなってことでマイナス志向で着ていることはありませんか。それらをなくした時、常に着たいと思える服だけになり、服選びが今までよりも楽しくなると思います。

なんとなく持っているか。

作業をしている時、依頼者の方に「これは必要なモノですか?」として質問して「いらいないです。」と即答で返ってくることがあります。分かっていながら単に保管してしまっているようですね。
また、スーパーの袋を利用しようと保管している方は多いですが、スーパーの袋を保管しているケースからはみ出して、今にもこぼれそうになっている光景をよく見ます。それはケースに入るだけ入れてしまっているだけであり、その量が必要な量なのかと言えばそんなことはないですよね。

 

スポンサーリンク

 

万が一のためにもっているか。

「ひょっとしたら〜の時に使うかも」と言う理由で保管している発言をよく聞きます。今までその状況がやってこなかったのに今後やってくるでしょうか。やってくるであろう、ものすごい低い確率を信じるよりは、なくすことにより気分がよくなった方が断然お得な気がします。

しまう場所をもっているか。

スッキリとしたモデルルームのような理想の家を最終目標としながら、「整理」作業をした時にほとんどのモノを「必要」と判断される方がいます。しかし現実は収容スペースがなく溢れている状態。そのような時は、改めて必要だと判断したモノから本当に必要かどうかの再判断をしなければならないですよね。そうでなければ、収容用品を買い足し、家中が収容用品になってしまいます。どちらを選ぶかです。

こわれているモノを直して使うか。

整理収納を苦手としている方だと、壊れているモノを修理依頼に出して元通りに戻すと言う作業自体になかなかとりかかれません。それでそのまま封印状態になっています。

今なら買うか。

今思えば「何で買ったんだろう。」と思うモノはないですか。「分からないけど、あるから使ってる。」と。それであれば、もっと前向きになれるモノだけ残す状態でいいと思います。

最後に

FireShot Screen Capture #066 - 'Google' - www_google_co_j

いかがでしたか。こうして書き出すと「そう言われれば!」と思うことはいくつかあると思います。必要か不必要かの判断は、不必要なモノとのお別れを意味するのでなかなかしんどい思いをする時もあります。
「整理」は整理収納作業のうちの約7割を占めているぐらい、とても大切な作業です。ここをしっかりとこなせばこなすほど、後になって理想とする家に近づきやすくなります。

もう一度判断力を思い出して、モノと向き合ってみましょう。

D&ASSOCIATEのホームページはこちらです。

 

スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

だーかね

整理収納ソムリエのだーかねです。整理収納アドバイザー1級を取得後、整理収納に関するコンサルティング業(家庭向け・企業向け共に)を開始し、様々な家庭や企業における問題の解決を実施中。 整理収納をきっかけとして、これからの人生を変えてみませんか。 ホームページはこちらです。 → http://dandassociate.com