「忙しい」が口癖の人が最低限行う整理収納


こんにちは、整理収納ソムリエのだーかねです。

世の中の人みんな忙しくしています。サラリーマンも主婦も学生もみーんなです。私は仕事柄、主婦の方がお客さんであることがほとんどなので、主婦の方との接点が非常に多いのですが、本当にみなさん忙しくしています。

ちなみに忙しいが口癖になってしまうと損をすると言う記事はこちら。

「忙しい」が口癖の人は損をしている
口癖とは、無意識のうちによく発している言葉のことです。自分自身では意外と気づいていない口癖も、周囲の人たちは敏感に気づいているものなのです。口癖はその人の性...

スポンサーリンク

主婦のスケジュール

今では主婦でも働いている方がほとんどですよね。私のお客さんも御多分に洩れずそうです。朝から晩まで働き、それから子供を迎えに幼稚園(保育園)に行き、食材を買いにスーパーに行き、帰宅したらすぐに夕食の準備。食事を済ませたら後片付けや子供のお風呂。そして寝かせつけ。

全く休む暇がありません。

部屋の現状

そんな状態で部屋はどうなっていくかと言うと、時間に比例して乱れていく限りですね。それを休日にまとめて片付けると言った感じでしょうか。

これでは悪循環でしかありません。「忙しい」が口癖になってしまう気持ちも分かります。整理収納だなんてやってられないのでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

最低限行う整理収納

本来であれば、しっかりと時間をとってモノと向き合い、理想とする部屋にするために整理収納作業をしなければならないのですが、そこまで時間がない方のための最低限の整理収納のコツをお伝えします。

1.定位置管理

今あるモノの置き場所を決め、使ったら必ずその置き場所に戻すようにしましょう。服であったり、カバンであったり、リモコンであったり、です。部屋が綺麗な状態ではない時って、置き場所がコロコロと変わっていると思いませんか?リモコンのような小さいモノなら、そのせいでどこに置いたかが分からなくなり、探して時間を消費したことは少なくともあると思います。

なのでとにかく場所を決めて使ったら戻すようにしましょう!

2.定数管理

モノの数を固定する。1つ買えば1つ捨てる。中でも特に服ですね。忙しいから普段買う時間はなかなかないでしょうけど、だからこそ、買える時にまとめ買いしてしまう人がいるかもしれません。なのにすでに持っている服が廃棄されることはないので、そのまま増えていくだけ。そしてクローゼットはどのような状態になるかと言うと、着ない服がしっかりと収納されて、普段着る服が洗濯後の干したまんまの状態であったり、ソファに積み重ねて置いてある状態であったり。

消耗品や食材は安売りだからと言って怒涛のまとめ買いをするおかげで、家には確実に使い切らない量がある状態。冷静に考えてみて下さい。確実に必要以上にキープしてある状態なので、1回や2回、安売りを見逃しても何の支障もないと思います。安い時に買うのではなく、決めた数よりも減った時に買うようにしましょう。その方がコストパフォーマンスがよくなる場合もあります。

さいごに

整理収納のためのやり方はもっともっといろいろあります。各家庭によって状況は全然違えど、上記に書いた2つは、あくまでも基本中の基本になり、どこの家庭でも使えるやり方です。(でもかなり重要なやり方でもあります。)

これだけやっていれば部屋が綺麗にスッキリとなっていくかと言うとそうではないですが、乱れていくのを留めてくれる効果はあると思います。

この2つは最低限、必ずマスターするようにしましょう。

D&ASSOCIATEのホームページはこちらです。

 

スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

だーかね

整理収納ソムリエのだーかねです。整理収納アドバイザー1級を取得後、整理収納に関するコンサルティング業(家庭向け・企業向け共に)を開始し、様々な家庭や企業における問題の解決を実施中。 整理収納をきっかけとして、これからの人生を変えてみませんか。 ホームページはこちらです。 → http://dandassociate.com