自分とのコミュニケーションをポジティブに取ること


緊張して不安になったり、嫌なことがあってネガティブになったり、そういうことは日々の生活であったりしますね。そんな時、誰かから励ましの言葉があるとすごく嬉しいものです。

しかし、そうもうまくいかず、何か起きた時、リアルタイムで誰かが励ましの言葉をかけてくれるってことは、中々難しいものではないでしょうか?そんな時、いつもそばに居てくれているのは、いったい誰でしょうか。

 

スポンサーリンク

いつもそばにいる応援団はあなた自身

今から大勢の人たちの前で、挨拶をしなきゃいけない・・うまくできるか不安だ。凄く緊張する

また上司に怒られた。上司は私のことを嫌っているのじゃないかしら

こんなこと、頼まれたけど私にできるわけがない

不安や、ネガティブな事に駆られても、すぐさま両親が勇気付けてくれるわけでもないし、友人がいつでもすっとんで来てくれるわけでも、恋人が助けてくれるわけでもないのです。

お気づきでしょうか?不安やネガティブな事が起きた時に、自分自身に話しかけているということを。

 

ポジティブな対応をしよう

周りに、すぐさま励ましてくれたり、応援してくれる人がいない時は、しばしばあります。だからこそ、いつもそばにいてくれている自分自身は、しっかりと味方につけて、応援しましょう。

 

ポジティブな対応の仕方

(例)

「上手く出来るか、不安で仕方ない。」「沢山練習してきたんだから大丈夫!自身を持って!」

「なんで上司は私ばかり怒るんだろう。」「私は、上司から期待されているんだねっ。」

「こんなこと頼まれたけど、私にはできるわけがない。」「私だから頼まれたんだよ。私らしく頑張ろう。」

ネガティブな自分自身の会話を、ポジティブな言葉に言い換えてコミュニケーションをとってあげましょう。いつもそばにいる自分自身が、ポジティブな言葉をかけてあげると自信や、やる気が自然と、みなぎってくるものです。

 

自分自身をサポートする

日々、私たちは自分自身に話しかけて、コミュニケーションをとっています。どれだけ自分自身に話しかけているか数え切れません。

人とコミュニケーションを取るよりもはるかに自分とコミュニケーションをとっているのです。

いつもそばにいる自分を自分自身の言葉でしっかりサポートしてあげましょう。自分の言葉が行動に繋がっているのです。

 

 

 

スポンサーリンク