焼きそばやハンバーグにちょい足し!電子レンジで1分!超簡単に目玉焼きを作る方法

電子レンジで目玉焼きを作る方法トップ画像

ゆで卵を電子レンジでつくろうとすると爆発する!!というのは有名な話なので、知っている方は多いと思います。

 

黄身内部の水分が膨張する際に、膜が圧に耐えきれずに爆発をします。

これがあまりにも有名なので、レンジで卵の調理はできないと思っている方が多いと思いますが、そんなことはありません。

 

今回は電子レンジで目玉焼き(厳密には焼いてないので目玉焼きとは呼べないと思いますが・・・)をつくる方法をご紹介します。

焼きそばやハンバーグなど、目玉焼きが乗ってるとちょっとワクワク感がましますよね!

 

スポンサーリンク

電子レンジで目玉焼きをつくる方法

それでは超簡単なので、さっそくつくってみましょう。

 

用意するもの

・生卵

・小さめの皿

img_9734

 

作り方

1、卵を割ってお皿にのせる

img_9744

 

2、爆発防止のため、爪楊枝や箸で2〜3箇所、黄身に穴を開ける

これをやらなくても、爆発しなかったりしますが念のため。

崩れないのでご安心を。

img_9745

 

3、お好みで塩胡椒をふる

img_9746-1

 

4、電子レンジに入れ約1分加熱する

img_9737

 

5、お好みの固さになったら取り出す

やりすぎると黄身が固くなりすぎたり、白身部分が軽く爆発したりするので、窓から様子を見ながらやることをおすすめします。

img_9739

 

6、完成!

50秒ほどで完成しました。

img_9749

 

意外といい感じなレンチン目玉焼き

スポンサーリンク

割ってみると半熟感も残っており、とってもいい感じです。

この辺はお好みで調節してみてください。

熱いうちはお皿から簡単に白身がはがれるので、すぐに盛り付けない場合にもはがしておくことをおすすめします。

img_9750

 

あとは、焼きそばにのせるなり、ハンバーグにのせるなり、トーストにのせるなりご自由にお楽しみください。

 

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?

 

卵の冷え具合や電子レンジのタイプ(皿が回るタイプかどうか)、ワット数によって微妙に差がでるので、何秒!とはいえませんが、だいたい1分前後で出来るはずです。

最初のうちは、好みの固さに仕上げるのに苦労するかもしれませんが、職人技が必要なわけではありませんので、誰でもすぐにその域に到達できると思います。

 

ちなみに、我が家のレンジは右側が熱源で、皿が回らないタイプで、微妙に右側だけ早く固まってしまうため、途中で扉をあけて向きを変えています。

 

もしかしたら、皿が回るタイプの方が、ムラなく火を通せるかもしれませんね。

 

以上、焼きそばやハンバーグにちょい足し!電子レンジで1分!超簡単に目玉焼きを作る方法でした。

 

本当に簡単なので、ぜひ試してみてください。

 

美しいハムエッグを作りたいという方は、こちらの記事もどうぞ。

 

 

スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

dagasoregae

自称、低温調理ブロガー&料理とお酒をこよなく愛する1児のパパ。もうすぐ3歳になる娘に翻弄されならが日々楽しく生きています。料理以外にもPC、カメラなどを得意としています。こちらで個人ブログをやっています→だがそれがいい