【Ye!Energy Pocket 60 から】iPhone歴5年の私がおすすめするモバイルバッテリーはこれ!【OKITI POWER BANK S 10000DG/Gに】


iPhoneを使用して、一番困るのが充電切れですよね。年々薄くなるiPhoneを横目に、それで電池はどれくらい持つの?という不安を抱かずにはいられません。iPhone歴5年以上の私がおすすめするモバイルバッテリーについて紹介します。

スポンサーリンク

iPhoneは充電が1日持たない

古いガラケーを使っていた経験がある人はわかると思いますが、1日の終わり間際になって徐々に電池マークが減ってくると、妙な不安を覚えるものです。
ガラケーの場合は、使用年数が経てば経つほど、電池の減りは早くなるものでした。
auが2年毎に充電池を送ってくれたのは、懐かしいサービスです。

S1
2013年までのサービスではこのようなサービスをも行っていました。

しかし、iPhoneユーザーは身をもって知っているとおり、新品でも1日持たないことが多いです。2年以上使用して入ればなおさらです。
S2
appleも電池交換のサービスをしているものの、apple care +への加入をしていないと無料ではないという落とし穴があります。

そして、そもそも無料で新品になったとしても、1日持たないという現実は変わりません。

もしかしたら、学校や仕事などで利用頻度が落ちる時間帯があるから、充電に困ったことがないという人もいるでしょう。

しかし、場所や時間にとらわれないスマホは、情報発信や情報収集を行う上で、重要なツールなのです。

そのため、iPhoneの利用頻度を下げれば良いという指摘を受け入れることは出来ません。

 

スポンサーリンク

 

iPhoneユーザーでモバイルバッテリーを持っていないなんて信じられない

iPhoneユーザーとして手放せないのが、モバイルバッテリーです。
モバイルバッテリーはAC電源がないような環境でも、それさえあればiPhoneの充電が可能です。
残り20%で充電するのか、50%当たりで充電を開始するのかは、性格がでるところですが。
私は、10%台になったら充電をはじめます。性格が出ますね。

しかし、モバイルバッテリーにはいくつかの弱点が存在します。

それが

  • 重い
  • 専用ケーブルが必要
  • 充電を事前にしておかなければならない

 

ということです。

そのため、私は外出先でモバイルバッテリーを購入することも多く、家の中はモバイルバッテリーであふれています。

そこでおすすめなのが、モバイルバッテリーとLightningケーブルが一体となったモデルです。
これならば、モバイルバッテリーだけ持っていて、ケーブルを忘れてしまったというトラブルも防げます。

また、事前の充電を忘れない対策として、複数回利用できるほどの容量があるものを選んでおきます。
このようにすることで、使い切る前に事前充電を行う機会が増えるため、充電切れのリスクが減らせます。

こちらが利用しているモバイルバッテリーです。

IMG 8658

このように、Lightningケーブルが収納されています。

IMG 8659

このモバイルバッテリーは、6000mAhあります。
iPhone6の容量は1810mAhなので、約3回分充電することができます。

また、このモバイルバッテリーは薄くコンパクトなのも特徴です。
重ねることでポケットに入れることが出来ます。

しかし、今回悲劇が起きました。
このモバイルバッテリーのLightningケーブルに異常が生じ、充電できなくなってしまったのです。

新しく購入したモバイルバッテリーが最高すぎた。

今回、モバイルバッテリーを新しくするにあたり、従来の弱点とさらに便利にしたいという希望がありました。

そこで、

  • 前回同様にLightningケーブルが一体となっているモデル。
  • 前回同様に薄型であること。
  • 前回以上に、電池容量が大きいこと。

 

を基準にしました。

その基準を選んで購入したのがこちらです。

S3

容量が10000mAhあり、前回の6000mAhを見事に越えています。

amazonで購入しました。
商品は簡易な包装ですが、簡易すぎる印象はなく、ゴミも少なくてすむため、好印象です。

IMG 8665

充電ケーブルはusb miniがついていましたが、何本も所持しているため破棄しました。
包装から取り出したのがこちらです。

IMG 8666

落ち着いたカラーで、アルミ仕様のため安っぽい印象がありません。

付属のケーブルも当然このようについています。

FullSizeRender 43

このように、内部にlightningケーブルが収納されています。

FullSizeRender 47

これに、付属のケーブルを挿すことにより、取り出すことが出来ます。

IMG 8672

以前のモバイルバッテリーと比較してみた。

まず重さです。

FullSizeRender 46

古いものは147g

IMG 8678

新しいものは188gなので、その差は41g
41gは岩塚製菓のふわっと 青のりおじゃこ味と同じ重さです。
S4

「ふわっと」というぐらいですから、ないに等しいですね。

次ぎに大きさです。

IMG 8674

横幅がややハミですくらいでしょうか。
こちらは、実際に充電しながら、ズボンのポケットに入れてみましたが、問題は全くなかったです。

とくに、冬はコートを着るため、コートのポケットにいれれば全く気になりません。

厚さの差は全く感じません。

FullSizeRender 42

まとめ

iPhoneユーザーでまだ、モバイルバッテリーを持っていない方や、新しいものに買おうと思っている方は、是非参考にしてください。

【今回ご紹介した商品はこちらです。】

スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

マツイ ケンジ

救命センターの看護師。英国型のナーシングホームをやりたい。アロマなどを用いて西洋医学一辺倒ではないケアを提供することが目標。学園祭で講演会を1人で企画運営し成功させた。アトピー性皮膚炎の患者指導も研究している。