さっぱり塩ダレ生姜焼きを作ってみたよ!


どうも、マツイです!
先日、とっちゃんがこんな記事を書いていました。

なるほど、生姜焼きを塩で作るのは斬新だなぁと思ったんです。
同時に、こんな記述が気になりました。

醤油、酒、みりんの生姜焼きに飽きたら

きざみしょうががない場合は、

塩、胡椒、ウェイパー、砂糖、ごま油でも同じものができるはずです。

んー、醤油ベースには飽きたけど、みりんには飽きてないのよね。
あの甘辛い味と生姜焼きの組み合わせが好きなのです。

そして、みりんを入れることにより生姜焼きの「タレ」が出来るじゃないですか。
あれが、キャベツの千切りやご飯にしみこむのが好きなんです。

というわけで、今回は塩ダレを使った生姜焼きを作ってみました!

スポンサーリンク

さっぱり塩ダレ生姜焼き

材料 2人分

FullSizeRender 128

・豚肉 300g
・チューブ生姜すりおろし 大さじ2杯
・みりん 大さじ2杯
・ごま油 大さじ1杯
・塩 小さじ1/2杯
・キャベツの千切り

塩の量が、難しくてごめんなさい。
ロジカルクッキングの水島シェフが、人が美味しいと感じる塩分濃度は全体の0.8%だと力説していまして。
その通りにすると、本当に美味しいのです。

気になる方は、こちらを参考にしてください。

なので、私は塩ベースの料理を行うときには、重量や分量をしっかりと量るようにしています。
この辺は、勝間和代さんの無料メルマガで知ったことなのですが。
勝間和代さんの無料メルマガはこちらを参考にしてください。

生姜とニンニクは、チューブで用意しておくのが確実で良いです。
結局しなしなになっちゃったりするんで。

スポンサーリンク

作り方

 
豚肉は、食べやすい大きさにカットします。
次に、調味料を全て混ぜてしまいます。
FullSizeRender 129

ポイントは、豚肉は漬け込まず、最後にかけることです。
生姜焼きのタレで豚肉をつけてしまうと、豚肉が焼ける前にタレが焦げてしまったり、豚肉が固くなったりしてしまうので、私は後がけにしています。

油を引いたフライパンを熱し、中火に落とします。
そこに、豚肉を並べ極力いじらないようにします。

全体に肉汁が浮き上がってきたらひっくり返します。
フライパンの音が、チリチリという音に変わってきたら、豚肉に火が通ってきた証拠。
このタイミングで塩ダレを加えます。

豚肉に絡めるようにして炒め、照りがついたらできあがり。

肉料理を多く作る方は鉄のフライパンを使うようにしましょう。
こんがりしっかりと火が通るので、おすすめです。

キャベツを敷いた皿に盛り付けます。
FullSizeRender 130

醤油ベースの生姜焼きは、がっつり食べたいときには良いのですが、そこまでがっつりではないけど、肉が良いときに、さっぱりと食べられるので良い感じです。
もちろん、肉汁と塩ダレが絡み合ったキャベツも最高です。

on the rice基準でも合格だと思いますよ(・∀・)



まとめ

生姜焼きが食べたいけど、そこまでがっつりではない方が良いとき。
さっぱりとした生姜焼きが食べたいとき。
ご飯が進むおかずが食べたいときに、是非試してみてくださいね!

とっちゃんのオススメする塩生姜焼きはこちらへ(・∀・)

スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

マツイ ケンジ

救命センターの看護師。英国型のナーシングホームをやりたい。アロマなどを用いて西洋医学一辺倒ではないケアを提供することが目標。学園祭で講演会を1人で企画運営し成功させた。アトピー性皮膚炎の患者指導も研究している。