車検をディーラーで通さなくても、温泉通いが出来るようになったので報告します。


車をお持ちの方で多い悩みの1つに「車検が高い」というのがあると思います。私も同様の悩みを持っていまして、いつも近くの安いところで行っていました。しかし、ディーラーに比べチェックが甘いという声も聞き、安全・安心のためには背に腹はかえられないという想いがあり悩んでいました。今日は同じような悩みのある方に、ディーラーでなくても温泉に行けるようになるよ!という報告をさせていただきます。

スポンサーリンク

車検に必要な最低限のお金はいくら?

車検費用は、車検の基本料と法定費に分かれます。車検の基本料は、車検代金など車検会社に支払うお金のことで、利用する会社により異なります。法定費は、自陪責保険料(いわゆる強制保険というやつです)や重量税、印紙代などが当てはまります。これらはどこで車検を行っても同じだけの費用がかかります。

私の車は軽自動車なので、軽自動車の法定費用をいかにまとめます。
軽自動車ではない方は、各種ホームページを参考にしてください!

  • 自賠責保険料 (24ヶ月) 26370円
  • 自動車重量税 6600円
  • 検査登録印紙代 1100円

しめて、34070円
これに加えて、検査機器使用料 5000円、検査代行料6900円が検査諸経費に含まれていましたが、必ずかかるものですが受ける場所により多少の前後があるので除いています。

したがって検査諸経費は46922円でした。これらは検査を受ける場所に支払うものなので、原則現金でといわれます。普段クレジットカードばかり使用しているため、面倒でしたが仕方ありません。
公的機関の「クレジットカード化」がすすむことを祈ってます。

これ以外の代金は、修理をしないと車検に通らないカ所を治したときの部品代や手数料によって成り立ちます。

では、ディーラーと他の会社は何かというと、「あらかじめ変えておいた方が安心ですよ」という範囲の広さ、だと思います。

車を作っている会社として、摩耗しやすい場所やその部分が悪化してくるとどのような危険が迫ってくるのかが手にとってわかるんですね。

だから幅を広く早めの交換をすすめたい。別にそれは「お金を儲けたいからではないんです。

でも、同時に他の会社の整備士さんは「そんなに早めに変えても結局壊れないことが多い」という経験をしています。

これが、「無駄な修理はしない」と看板を掲げる会社が多い理由です。

そこで、今回私はディーラー以外の会社に車検を依頼し、現在消失している不安と本当に変えた方が良いのかどうか、それはセールストークなのかどうか質問しながら解消することを試みました。

 

スポンサーリンク

 

今回利用した車検代行会社はコバックです

logo2
(引用:コバック http://www.kobac.co.jp/

こちらを選んだ理由としては、以前から利用しているということと、割引が豊富にあること、そして友人が色々相談にも乗ってくれたと教えてくれたからです。

そもそも、前回までの車検は変えることはおすすめしますが、どうしますか?

ともいわれなかったことが多いのも事実。

そして、現在の状況が「悪かったのかどうか」「良いのかどうか」もわからなかった。

これは、普段からメンテナンスを怠る駄目ユーザーとしては、ちょっと怖い(´・ω・`)

そこで、色々と気になることを聞きながら点検してもらいました。

車検で必要なチェック項目

車検で必要な点検項目は決まっています。
img_8389-2
コバックでも、ディーラーでもそれは変わりません。

コバックに入店すると受付に案内されます。
ここで、気になっていることなどを色々と質問されます。
また、定期的に交換が必要なもの(エンジンオイルなど)や、特殊な走行(砂道や浜辺など)を行っている人を対象としたオプションについて説明されます。

私は、不安で色々と細かくみて欲しかったので、それもあれもと色々とお願いしていましたが、さすがに砂道や浜辺などは走行しておりません。
そのオプションについてもお願いをしたところ、上記を説明され、あ、やっぱり必要ありませんというシーンがありました。

このように、ユーザーが誤った選択をしそうになったときに、きちんとアドバイスを頂けるのは好評価でした。

整備士さんのチェック

私が心配していることを含めて、整備士さんからチェックが入ります。

ここで、どのような部品が交換が必要かを言い渡されます。

オプションに含めてもこちらで説明を受けます。

今回私が心配していたのが左後輪のタイヤでした。一度釘を踏みパンクしていたのをガソリンスタンドで修理してもらっていたのです。

そのまま走行すると高速道路などでは危ないという意見もあり、タイヤ交換をしようとしていたらそのままずるずると行わず、結局1年以上高速道路にのらずじまいでした。

こちらが実際にチェックをしてもらったあとにかいていただいた記録簿です。
img_8388-2

これらがすべてOKにならないと、車検には通りません。

そこで、生じるのが金額差です。

  • ①最低限交換する金額
  • ②左右対称のものは両方変えるなど、多めに変える金額
  • ③そろそろキロ数的に変えた方が良いかもしれないという予防的な部分

①を交換しないと車検には通らないので交換します。
問題は②と③です。私は不安なカ所が多かったので、②に関してはせっかくなのでという意味で交換しました。

③に関しては、迷った結果交換しませんでした。

タイミングベルトという運にもよるパーツ

タイミングベルトというパーツをご存じですか。

こうれいのwikipediaをポチ。

タイミングベルト(英語:timing belt)は、自動車やオートバイなどのエンジン部品の呼び名で、エンジンのイグニッション(点火)やバルブ開閉などのタイミングに関わる部品のこと。「カム・ベルト」とも。
エンジンの動作周期の中で「点火」や「バルブの開閉」等々が適切な時期に起きるようにするために、クランクシャフトとカムシャフトの回転周期を一致させる役割を果たしているベルトを指す。 タイミングベルトはクランクシャフトとカムシャフトをプーリーを介して繋いでいる。カムシャフトとクランクシャフトの回転を同期させるために、滑りのない、歯が付いたコグドベルトが使用される。エンジンによってはカムシャフトに加えてオイルポンプやウォーターポンプを駆動するためにも使用される。

うーん、よくわからん!

しかし、大事なのはエンジンの1パーツで有りゴム製のベルトということ、そして「いつ切れるかわからない」「切れると、修理がめちゃくちゃ大変で、廃車になることも」というパーツ。
車屋さんの目安だと、「10万キロを目安に交換」、ネット上だと「10万キロ未満でも10年乗ったら交換」、コバックだと「8万キロを越えたら交換」と基準は様々です。

いつ切れるかわからない・・・・・・。私の車は14年目。8万3千キロを走っています。1つの基準を満たすんですね。
しかし、このパーツ、パーツ自体は3000円程度と安いんですが、交換がめちゃくちゃ大変。色々なものを外す必要があるため、工賃が結構します。

なんと6万円。

そこで、今回は遠慮しました。

理由として10万キロを越えたら変えようという姿勢、そして整備士さんも変えた方が良いけれど、今すぐっていう感じではなさそうという意見を頂けたからです。

2年後には必ず交換、もしかしたら1年後に変えようかなと考えています。

心配事だったタイヤの交換

タイヤをみていただくと、空気圧自体は問題なし。パンク修理もしっかりと行えているという判断でした。

しかし、一部ひび割れの部分があるとのこと。このままでも乗れるけど、どうしますか?と聞かれました。

どうしましょう・・・・・・どれくらい持ちますか? 1年?2年?

「いやいや、半年ですね」

変えてください(即答

(´・ω・`)どうやら、ひびが入っていると劣化が早いらしい。変えて正解だ。ちなみに、最終交換は5年前だから寿命だったのだろう。

それで、総額は?

マフラーに穴が空き、交換

タイヤも4本変えました。

その総額は、135957円

20万を想定していたので十分な結果です。これで、安全が買えるなら安い。

普段は1年点検は行ってきませんでしたが、来年も行う予定です。

古くなったからこそ、こまめに点検。命には代えられません。

久々に高速道路を走りました。

目指すは、長野県は佐久市にある穂の香乃湯

東京から往復350kmの道のりです。高速道路も当然走ります。

軽自動車のため、登坂車線を活用しながらの走行ですが、ミッションオイルを交換した影響か、ギアの入りづらさもありません。

これまでより、マフラー音が静かなのは交換した結果でしょうか。

ややタイヤがすべりやすい印象がありましたが、新品タイヤの影響かと思ってます。

長野といえばお蕎麦

Retty-グルメな人の口コミから、人気のお店を無料検索

Retty-グルメな人の口コミから、人気のお店を無料検索
開発元:Retty.Inc
無料
posted with アプリーチ

Rettyでお店の検索をしたところこちらがピックアップされました。
img_8368

かなりの人気店のようで行列が出来ており、店内にはサインが盛りだくさんでした。
img_8370-2
img_8371-2

私がチョイスしたのはエビ天盛りとざるそば、そしてトロロです。

普通、トロロそばにすると、すでにめんつゆと混ぜられていることが多いですが、こちらは別で出てきます。
img_8373-2
img_8374-2
したがって、そば湯が楽しめるんです。

このサービスは嬉しい。

そばは香りが強く、つゆは控えめ。そばの香りを引き立ててくれます。

まとめ

車検を通すのに、ディーラーでなくてもしっかりと耳を傾けてくれる整備士さんがいます。大切なのは自分の心配事を伝えることです。あまりにも高額であったり、質問に対する答えに納得しなければ、保留や別の店を頼むのも有りだと思います。病院と同様、信頼関係を築き、継続的に同じお店に通うのが一番の勘所かなと感じました。

しばらく、温泉巡りはやめられそうにありません(∴∵°ω°∴∵)この本に載っているところをしらみつぶしに巡っています。

スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

マツイ ケンジ

救命センターの看護師。英国型のナーシングホームをやりたい。アロマなどを用いて西洋医学一辺倒ではないケアを提供することが目標。学園祭で講演会を1人で企画運営し成功させた。アトピー性皮膚炎の患者指導も研究している。