体温計の電池が交換できない!?そこに隠されたボタン電池誤飲事故の背景とは。


職場の体温計の電池が切れたため、交換しようと思ってあれこれ調べていたら、
なんと「使い捨て」だったことが判明しました。

おいおい!知らなかったよ!
検索しながら見つかった情報では「誤飲事故」という背景が判明。

今回はそのことについてまとめました。

スポンサーリンク

電子体温計の電池は交換できない。

先日、仕事中に患者さんの体温を測ろうと思ってケースから取り出したところ、画面の表示が全くされていませんでした。

「おいおい、こわれてんじゃねーか」
と、思いながらも体温計のケースをあれこれ眺めてみました。

「電池が消耗してくると、℃のマークが薄く表示されてきます」とあります。
が、薄いどころか、まったく表示されていません。

もしかしたら、気づかずに電池が切れてしまったのかも?とおもい、電池交換を試みることに。

体温計のうしろをあれこれ探してみた

そもそもどこから、電池交換をしたら良いのだろうか?と他の看護師さんとあれこれ考えて、いじくりまわした結果、外れそうなのは後ろの部分だけ。

23773615

つまんではずそうとしますが、全然外れません。爪を立ててひっかけて、ポロッと。

おー!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

と、喜んだ矢先、単なるキャップが外れただけでした。

この緑色の部分に、妙な出っ張りがあるので、それをペアンで引っかけてとろうとためしましたが、傷ついていくばかりでびくともしません。

し、仕方がない。グーグル先生に聞いてみようということで、検索するとテルモの電子体温計の説明書がアップされていました。

そこでのこの一文
「電池の誤飲事故を防ぐために、とりだせないようになっています。電池が切れた場合は、新しいものをお買い求めください」

( ´゚д゚`)エー!これまでの15分間はなんだったんだ。

 

スポンサーリンク

 

体温計の誤飲事故?

体温計の電池で誤飲事故があるのか、調べたところ、出るわ出るわ、ボタン電池の誤飲事故が。

これは、ほんの一例ですが、かなり多いです。

スクリーンショット 2017 01 31 17 42 42
(こちらより引用:https://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/anzen/kyougikai/h27/siryou/documents/04-27_2_kyogikai_siryou3-1.pdf

しかし、体温計は外せない構造のためか、報告があがっていません。

その代わり、タイマーがかなり多いですね。もしかしたら、タイマーも使い捨ての時が来るのかもしれません。

ちなみに、ボタン電池を誤飲すると食道に穴が空く可能性もあり、結構大事になります。

病院に来ると、おいおい、この親は大丈夫か、なんて変な見方もされてしまうので、気をつけましょう。

新事実が発覚

どうやら、最近の体温計は電池交換が出来るらしい。

自宅の体温計も、こんな小さなねじがついていました。

S IMG 53061

つまり、大人でなければ取り出せない仕組みに変更したというわけですね。

電池交換が出来て、体温測定が早いのはこちらがおすすめ。

まとめ

古い体温計の電池は、交換が出来なくなってます。使い捨てなので、電池が切れたら新しいものを買いましょう。

小さいお子様がいる家庭は、ボタン電池の誤飲事故に気をつけて!

スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

マツイ ケンジ

救命センターの看護師。英国型のナーシングホームをやりたい。アロマなどを用いて西洋医学一辺倒ではないケアを提供することが目標。学園祭で講演会を1人で企画運営し成功させた。アトピー性皮膚炎の患者指導も研究している。