トイレの鍵が閉まらなくなった!苦戦した修理のポイントは「ラッチ」にあった。


先日、仕事から帰ってきたところ、妻よりトイレの鍵が閉まらないという報告を受けました。

インターネットで調べたところ、どうやら「ラッチ」という部位に問題が出やすいとのこと。

ドアノブやら、部品を外して、同じ品番を取り寄せて、無事に完了・・・・・・とはいきませんでした。

皆さんが同じ失敗を繰り返さないように、私の失敗を共有したいと思います。

スポンサーリンク

トイレの鍵が閉まらなくなった

私はあまりトイレの鍵を閉めるタイプではないのですが、几帳面な妻は毎回しっかりと閉めます。

しかし、今回はその鍵が閉まらなくなったといいます。

私も同じように鍵を閉めようとしたところ、固くて回せませんでした。

これは修理が必要だということで、分解です。

ラッチとやらが、取り外せない

インターネットで調べたところ、「ラッチ」という部品に故障が多いとのこと。

取り急ぎ、外せそうなネジから外していきます。

ドアノブについているネジを外したところ、ドアノブが外れました。

しかし、インターネットで調べた「ラッチ」やらが見当たりません。

ラッチの写真はこちら。

Ratti
(こちらより引用:http://item.rakuten.co.jp/reple/c/0000000297/

このラッチを外すためには、このネジを外さないといけないらしいのです。

ドアノブ3

そして、外したところなにもおきません。

あれ?

あれれ?

これを外すと、抜けるようにしてラッチが取れると書いてあるところがほとんどなのですが。

調査を続けたところ、古いものだと固着してしまっている場合もあるとのこと。

ドアノブの芯が入る穴にドライバーをさし、外側に引けば外れるとの記載をみつけました。

痛い!

痛い痛い!

全然、びくともしない挙げ句、ドライバーが手に食い込んで、めっちゃ痛い。

いたしかたないので、ここの隙間にマイナスドライバーを侵入させててこの原理で取り出しました。

ドアノブ4

すっぽり!

こいつが登場しました。

FullSizeRender 71

同じ型番を取り寄せ

修理をするときは、同じ部品を同じように当てはめるのが一番外れがありません。

そこで、ラッチの品番を調べてみます。

ネジがついている板状の部分にこのように書いてあります。

FullSizeRender 72

「SHOWA 256」

早速、Google先生にこのWordをいれてみます。

なんと、同じ型番のものが見つかりました。

こちらを早速購入します。

同時に、ドアノブも古いため、交換しようと思います。

残念ながら、ドアノブには型番が書いていません。

値札シールにはこのような数字が。

「80 5036」

表記の問題で、スペースを空けていますが、実際には80と5036の間はスペースというよりも段違いのようになっている感じです。

おそらく、5036は価格でしょう。

そうなると、80これで調べると出てくるんじゃないか?

「80 ドアノブ」で検索しました。

その結果、Amazonでもこちらがヒット。

80は「80mm」という意味のようです。

鍵付きですし、こちらをポチ。

さて、部品はそろったのであとは待つだけです。

情報収集不足ここに極まれり!

一番最初に届いたのが、amazonで注文したドアノブでした。

さすが、Amazon プライム会員。

しかし、いざパッケージを開けてみると様子がおかしいです。

私のドアノブは、両方とも上下をネジで留めるタイプですが、こちらは片方にしかネジ穴がありません。

そのかわり、このような長い棒が。

IMG 9333

つまり、長い棒を扉の中に差し込み、片側からネジで留めるタイプのもののようです。

これは・・・・・・(;´Д`)見事に外れを引きました。

ネジ穴をドリルで広げて、差し込むか?

と悩んでいると、数日おいてラッチも届きました。

FullSizeRender 73

品番も「SHOWA 256」だし、これは間違いない予感!

と思ったら、様子がおかしい(;´Д`)

IMG 9330

あ、穴の位置がちがくない?

これじゃ、ドアの中に差し込んだとき、ドアノブの芯の位置にラッチの穴が来ないから、ささらないよ(;´Д`)

そして、穴、小さくない?

IMG 9331

う、うーん。
これはお手上げ。

スポンサーリンク

初心に返って、採寸

ここでハッキリとわかったことがあります。

それは、ドアノブには大きさ以外の規格があるということ。

そして、ラッチには同品番で異なる規格があるということ。

インターネットで調べていたところ、このようなサイトが見つかりました。

ドアノブ交換の際の寸法やサイズの測り方
ドアノブ周りの寸法やサイズの測り方について紹介。ドアノブの交換や修理をする時にドアノブ周りの寸法やバックセットのサイズを測るのって必要ですよね。

な、なんだこのサイトは。

Doa1
(引用:上記サイトから)

私が知りたいことが全部書いてあるじゃないか。

この通りに、採寸し、メモ帳へ。

そして、ドアノブに関しては実際自分の目で見ないと購入できません。

そのため、近所のセキチューへ。

そして、びっくり。

IMG 9324 IMG 9325

・トイレ用の鍵付き
・ラッチ付き
・サイズがぴったり
・両側からネジで留めるタイプ
・全てセットで3000円

これまでの苦労は何だったの・・・・・・。

実際のトイレの取付もスムーズ。

なぜなら、寸分違わず同じサイズなので、元に戻すだけだったから。

まとめ

ドアの故障は、ラッチが一番頻度が多いです。

ラッチはホームセンターで安価に売っています。

その際には、しっかりと採寸しておきましょう。

今回購入したのはこちらです。

スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

マツイ ケンジ

救命センターの看護師。英国型のナーシングホームをやりたい。アロマなどを用いて西洋医学一辺倒ではないケアを提供することが目標。学園祭で講演会を1人で企画運営し成功させた。アトピー性皮膚炎の患者指導も研究している。