おふたり様専用の旅館、「時の宿 すみれ」のお部屋が、時間を忘れて最大限に癒やせるような仕組みだらけだった件


前回、おふたり様専用の旅館である時の宿 すみれをご紹介させていただきました。今回は、その魅力的なお部屋やお風呂について紹介したいと思います!

山形 米沢牛とお二人様の温泉旅館|時の宿すみれ 公式HP
米沢・湯の沢温泉にある、おふたり様専用の温泉旅館です。ご夫婦で、カップルで、仲良し友達や母娘で。ふたりだけの特別な時間を、時の宿すみれでお過しください。

他の記事はこちら

数年来の念願だった、口コミもブログ記事も少ない「時の宿 すみれ」に宿泊してきた話
僕は数年前から泊まりたかった旅館がありました。一度、休みを取り予約までした後に、旅館のボイラーが故障するという運が悪い目にあい、それ以来願いは叶わないままと...
元々お肉屋もやっていた時の宿すみれの夕食が、至福の米沢牛責めだった話
先日、時の宿すみれに宿泊してきました。時の宿すみれは、おふたり様専用の旅館をコンセプトに、日頃の疲れを癒やすための仕掛けがそこかしこにおかれています。また、...

スポンサーリンク

時計もテレビもないお部屋

時の宿 すみれは、おふたり様専用の旅館です。おひとりさまでも、3人以上でも利用することはできません。また、利用できるのも10組だけと、まさしく日頃の疲れを癒せる工夫が満載なのです。

時の宿 すみれのお部屋はテレビも時計もありません。行くまでは、本当かなと疑心暗鬼でしたが、お部屋には行って一目瞭然でした。

今回宿泊したのは「みすず」という北欧をイメージした客室です。
img_8012
ソファのあるリビングルームと、ベッドが置いてあるベッドルームにわかれていますが、その間はただの壁ではなく、しっかりと光を取り込まれるような演出がしてありました。
img_8013
また、一般的なホテルだとお部屋の中心にせまぜまとテレビが置いてあると思いますが、こちらでは音楽プレーヤーとCDのみ。そのCDは、エンヤなど癒やし効果の高い音楽ばかりでした。

棚の中には、コーヒーや紅茶がおいてあります。

驚いたのがトイレの広さです。車椅子を利用するお客さんにも対応できるようにという配慮なのか、2畳ほどのスペースがあります。今回、入り口の撮影は行いませんでしたが、玄関も同様の広さがあり、段差はありませんでした。
img_8014

10組限定の利点はお風呂にもあった

到着してすぐ、妻が旅館のマッサージを受けたいということで、部屋に一緒にいてもつまらないので、温泉に入ろうと思いました。

時の宿 すみれの温泉は、貸し切り露天風呂が2つと、館内風呂が男女それぞれ1つあります。

宿泊組数が最大10組なので、ほぼ貸し切り状態。私は到着してすぐに利用したので、一番風呂をゲット。こんな景色を眺めることが出来ます。
img_8015

お風呂の効能は?

お風呂は、単純温泉(低張性 中性 低温泉)で、効能じゃ外傷、皮膚病、リウマチ・神経病と書いてありました。

私はアトピーのため、日本に多いナトリウム泉の場合しみて辛いことが多いのですが、こちらの温泉はしょっぱくない!だから、全然しみません。

傷というよりも、肩こりや腰などの筋肉のコリに効く印象があります。

マッサージを受けた妻の感想

45分間、日頃のコリやバランスの崩れをほぐしながら修正してもらえて良かったようです。特に、マッサージ師のおじさんが面白い人だったらしく。「米沢牛のすき焼きはすぐ飽きるから辞めた方が良い やっぱりメインはステーキです。米沢ラーメンはすごくおいしいから、絶対食べてね!!」と繰り返しいっていたそう。

今回はランプのステーキをチョイスしていたので良かったです(笑

 

スポンサーリンク

 

残念だったところ

お部屋の中の棚に、アロマグッズもおいてありました。電池タイプで精油の香りを飛ばすことが出来ます。

音、時間、そして香りまで演出するのはさすがだなぁと思っていたんですが、電池が切れてしまってました。そして、しばらく使ってなさそうな感じ。ここの細かいチェックまで入っていると嬉しいなぁと思いました!

おふたり様専用の時の宿 すみれ 今回はお部屋とお風呂のご紹介をさせていただきました。次回は、山形は米沢といったら、米沢牛!すてきな夕食を紹介させていただこうと思います。
[amazonjs asin=”B00HZWXDSM” locale=”JP” title=”【精米】山形県産 白米 つや姫 5kg 平成27年産”] つや姫が山形産というのをご存じでしたが?
実は私、それを知らずにここ3年くらい食べ続けておりました。すごく、おいしいですよね。

スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

マツイ ケンジ

救命センターの看護師。英国型のナーシングホームをやりたい。アロマなどを用いて西洋医学一辺倒ではないケアを提供することが目標。学園祭で講演会を1人で企画運営し成功させた。アトピー性皮膚炎の患者指導も研究している。