【SAVON de SIESTA】寒い時期にはバスソルト。おすすめの入浴剤はこれ。


寒暖差も大きくなっており、気温もぐっと下がってきましたね。クリニックに来る患者さんの血圧も徐々に高くなってきました。

お鍋を食べ始めたご家庭や、こたつやストーブなどの暖房器具を使い始めた方も多いのではないでしょうか?

そんな中、寒いときほど湯船に浸かりたい私が、最近夢中になっているバスソルトについて紹介します。

バスソルトってそもそもなに?

バスソルトは、塩が主成分の入浴剤です。

塩に、精油(エッセンシャルオイル)を配合した香り付きのものもあります。

浴槽の中に入れるだけではなく、身体にすり込んで使用する方もいます。

塩を湯船に入れるとどのような効果があるの?

潮風に当たると、身体がべとべとした経験はありませんか?
塩を湯船の中に入れることで、かなり薄いですが塩水になります。

塩は水分を含む性質があるため、身体にまとわりついたバスソルトの成分が、水分を引き寄せます。
その結果、お湯が身体にまとわりつき、保温効果に優れているのです。

つまり、身体が冷えづらく寒い時期に最適なのです。

温泉でナトリウム泉というのがあります。
これは塩分が溶け込んだ温泉ですが、バスソルトよりもぐっと濃度は高めです。

しかし、ナトリウム泉に入ったときのような「保温効果」は十分に発揮されます。

ナトリウム泉が傷にしみた経験がありませんか?
私はアトピー性皮膚炎のため、細かい傷ができがちです。
また、あの塩分により身体がかぶれたりすることもあります。

ナトリウム泉の効能として「殺菌効果」がかかげられていることがあります。
塩による効果なのですが、そこまで濃度の高い塩分は、身体にとって負担になります。

しかし、バスソルトの場合塩分の量がかなり少ないため、身体への負担は少ないです。

バスソルトの中に含まれることの多い精油ってなに?

精油とは植物を絞ったときに出来る油です。

これは、揮発しやすく、植物により香りが異なります。

アロマというとわかりやすいと思います。

実は、精油の香りにより人体に与える影響が異なります。

ストレスを取り除いたり、睡眠を促したり、消毒効果があったり・・・・・・

バスソルトに含まれている精油により、保温効果が高まったり、保湿効果を高めたりしてくれるのです。

おすすめのバスソルトはこちら!

北海道は札幌に「SAVON de SIESTA」というお店があります。

自然素材にこだわった手作り石鹸通販のサボンデシエスタのコンセプトページ。化粧品製造業の認可を得た札幌の工房でひとつひとつ手づくりした石鹸。他にもこだわりのス...

手作りの石けんやバスソルトが売っているお店です。

実は手作り石けんやバスソルトを売っている多くのお店では、「化粧品」として売っているところは少ないのです。

「観賞用」などとして売っています。

「化粧品」として発売するためには、一定の基準を満たした工場が必要だからです。

SAVON de SIESTAでは、化粧品製造業の許可を得た工場で、これら製品を作っています。

その中でオススメのバスソルトはこちらの四種類です。

FullSizeRender 39
FullSizeRender 38

その種類は4種類あります
・スッキリ
・しっとり
・赤ちゃんと一緒に
・キレイ

それぞれに応じたバスソルトや精油がチョイスされています。

これを入浴前にさらさらと入れるだけで、極上の入浴タイムに変わるのです。

お店は札幌にありますが、当然通信販売も行っています。
ぜひ、お試しください。

この4種類がおすすめですが、その中でも特にオススメなのが「しっとり」です。

まとめ

バスソルトで身も心も温かい冬をすごしましょう!

クナイプが好きな方も多いです(^ω^)
[amazonjs asin=”B001C84TWO” locale=”JP” title=”クナイプ バスソルト オレンジ・リンデンバウム<菩提樹>の香り 850g”]

スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

マツイ ケンジ

救命センターの看護師。英国型のナーシングホームをやりたい。アロマなどを用いて西洋医学一辺倒ではないケアを提供することが目標。学園祭で講演会を1人で企画運営し成功させた。アトピー性皮膚炎の患者指導も研究している。