【パナソニック:NA-VX900B】縦型洗濯機からドラム式洗濯機へ変えた理由【シャープ:ES-W113】


どうも、マツイです!
今回なんですけども、洗濯機を買い換えた話をしたいと思います。

先日 ドラム式の洗濯機を買いました。
これまで、普通の洗濯機を使用していたのですが、
今日は、どうしてドラム式洗濯機を決断したのかについてお話します。

実は就職してから1人暮らしをする時に、
ドラム式の洗濯機の購入を考えていました。

その理由として、洗濯から乾燥まで一気に行うことが自分のQOLを高めると感じたからです。
しかし、実際に購入することはありませんでした。
車で5分もかからないところに、コインランドリーがあったので、そこで洗濯をし乾燥させればいいと思ったからです。
コインランドリーの使用頻度をコストとし、ドラム式洗濯機の購入費用をコストとして比べた時に、
コインランドリーの方が安かった、というのが番の決定要因でした。

ではどうして今回ドラム式洗濯機を決断したのか、それについてまとめます。

ドラム式洗濯機と 縦型洗濯機の大きな違い

94335 s

私の認識しているドラム式洗濯機と縦型洗濯機の大きな違いは、
静音性と乾燥機能だと思います。

ドラム式洗濯機は静かで乾燥機能が良いイメージがあり、
縦型洗濯機は、音がうるさく乾燥機能は補助的である一方で、
洗浄機能が高いイメージがあります。

そのためドラム式洗濯機を購入するのに調べた際は、いかに洗浄機能を高めているかという点を強調しているものや、
いかに乾燥機能を高めて、しわにならないようにしているのか、ということを強調しているものが多いイメージがあります。
その一方で、縦型洗濯機では、いかに洗浄力が高いのかや、生地が傷みにくいのかということを強調しているイメージがあります。

縦型洗濯機を使用していた我が家の現状

我が家の洗濯物は、私のもの、妻のもの、子供のものの3つがあります。
私のものや、妻のものは従来どうりの洗濯物で、いわゆる普通の洗濯で充分でした。

しかしながら子供の洗濯は、成長に伴い食べこぼしや砂汚れ、
それだけではなく、保育園でおむつを外してお昼寝をするという挑戦が始まり、
おしっこ汚れのシーツや、洋服も増えてきました。

その結果、妻は子供の洗濯物を洗面所で手洗いし、洗濯機を回すのですが、
それで汚れが落ちきらない場合には、再度洗濯機を回すという
大変生地にはあまり良くないことをしていました。

生地に良くないだけではなく、洗濯機を2回回す手間と、
干す時間が遅くなり、その後干すという作業があるというだけで、
妻の時間がだいぶ削られるという現状があります。

また我が家は集合住宅のために、21時までに洗濯機を回さなければならないという、暗黙のルールもあり、
二回洗濯機を回すということは、全体のスケジュールを前倒しにしなければならない、ということです。
お風呂に入れなければならないとか、寝かしつけはそのあとになってしまう、でも早く寝かしつけをしたい、とかあるわけです。

そこで、このドラム式洗濯機を考えたのです。
洗濯から乾燥まで行ってくれることで、干す時間を気にせずに済み、
あわよくば21時を過ぎても騒音的に問題がないのではないか、
と考えたのです。
そうすれば時間に追われることもなく、
妻の時間も削減することができます。

これは単なるコインランドリーのコストだけで比較できるものではありません。
なぜならば妻の時間が削減される、(妻の時給分のコストが削減される)という利点があるからです。
およそ洗濯機を2回まわし、乾燥させるのではなく、自分の手で干すということを考えると、
2時間から3時間のコストがかかっています。
時給2000円の仕事をしているとして、1日6000円 365日なので、
6000円×365日、1年間で219万円となります。

つまり ドラム型洗濯機のコストは、
およそ3ヶ月から4ヶ月で回収することができるということです。
もちろんランニングコストはかかりますがそれを比べても、
妻の時間分のコストよりも圧倒的に少なくて済むと考えています。

ドラム型洗濯機の選択について

1160242 l

実はドラム型洗濯機の選択にはだいぶ悩みました。
こういう時、型落ちのものを選ぶよりも最新のものを選んだ方が、
後々後悔しないことは僕の経験上理解しています。

最新版になって搭載された機能がのちにも引き継がれる場合と、
その最新版にしかなく、のちになくなる場合とがあります。
後者の場合は余分な機能だったと世間に認識された場合です。

しかしながらそのような機能は、メーカー側も無いように努力をしているので、
多くの場合は最新版に搭載された機能というのを、有効活用できればというふうに考えていました。
ドラム型洗濯機の1番の違いは繰り返しとなりますが洗浄機能と乾燥機能、
自動投入機能、余分な機能として携帯からの操作があります。
これについてわかりやすくまとめたサイトがあるのでこちらを参考にしてください。
以下ではこちらのサイトを参考にしてまとめた表を掲載します。

特に参考になったのが、乾燥方式の違いです。

ヒートセンサー乾燥:ファンヒーターのように「熱」を放出する
ヒートポンプ乾燥:エアコンなどのように「熱交換」していく
ヒートポンプの方が光熱費が安い一方、臭いの問題が発生しやすい。

つまり、ヒートポンプ乾燥+サポート機能がついている、ドラム式洗濯機が良さげということです。

ここで、候補としてあがったのが2点。

私がプッシュしたのが
シャープ:ES-W113

光熱費:消費電力量は600Wh、使用水量は52L。
乾燥方式:ヒートポンプ方式+サポートヒーター
→乾燥ムラとしわが寄り安い欠点を回避

妻がプッシュしたのが
パナソニック:NA-VX900B

光熱費:消費電力量:980Wh、使用水量:60L。
乾燥方式:ヒートポンプ方式+ふんわりジェット乾燥
温水洗浄機能、2度洗いモード搭載

私としてはシャープのES-W113を購入しようかと検討していました。
理由としては光熱費が安く、乾燥方式もヒートポンプ方式に加えてサポートヒーターがあるので、欠点を見事に補っていると感じたからです。
しかしながら妻としてはパナソニックのNA-VX900Bをブッシュしていました。
理由としては温水洗浄機能があることや、二度洗いモードが搭載されていることです。
これに関して1長1短で、どちらが良いとも決めかねていました。

そこで近所の家電量販店に行き、どちらがよいのか検討することに。
その結果シャープのES-W113は、扉全体が開く形式のためスペースをとることや、
洗剤投入口が自動洗浄の一方で、だいぶ大きいことなど、あまりメリットを感じませんでした。

その一方でパナソニックは二度洗いモードがあるということで、
縦型洗濯機を活用していた我が家にとっては、妻の洗濯行動がそのままパナソニックで代替できると考えたのです。
そこで店員さんや妻とも相談しパナソニックNA-VX900Bを購入することとしました 。

ドラム型洗濯機を購入したことによる変化

まず設置した初日に試したことは、洗濯から乾燥まで行うことです。
どれぐらい騒音が出るのかわからなかったのですが、乾燥まで含めると23時までかかりそうな状況で実施しました。

その結果、以前の洗濯機に比べ騒音は半分以下になったのですが、
みんなが寝静まった部屋に乾燥のモーター音がうっすら続くような感じがし、
隣の家や上の階の人たち、あるいは階下の人達に迷惑がかかるのかもしれない、というような印象がありました。
出来上がりに関しては、乾燥してからすぐはシワもなく、
すぐにたためば問題はない形で、みんなシワで苦しんでいるという声を聞き、
さすがふんわりジェット乾燥だなぁと感じたところです。

しかしながら、乾燥してからそのまま入れっぱなしにすると、
途端に皺まみれになってしまうことにも気が付きました。

その結果どのようなルーティンにしたかというと、
・僕、妻、子供の着ていたものの洗濯
(これはお風呂上りに出る洗濯物です)に関しては、妻が帰宅し落ち着いた頃にたためる状況になった頃合いにタイマーをセットして
洗濯乾燥まで行うことにしました。(これは昼間に洗濯乾燥を行うので騒音に関しても気になりません)

・子供の保育園の汚れ物(二度洗いが必要なもの)に関しては、
保育園から帰ってきたら妻が軽く予備洗浄し二度洗いを洗濯機で実施し、乾燥まで終わらせます。
そうすると、タイマーでセットした洗濯物を取り出し、子供の保育園の洗濯物を予備洗いして洗濯機に入れ、
そのまま3時間ほどで完成するので、21時までに洗濯が乾完了するというような状況です。

その結果、21時までに終わらせなければならないという切迫感もなくなり、
子供を寝かしつけた後に行う洗濯物干しもなくなるため、
妻の時間はおそらく3時間というと言い過ぎですが、
1時間から2時間は確実に削減できています。

まとめ

ここで気がついたのは、独身時代に家電を買うことと、結婚してから家電を買うことによる買い方の違いはもちろんのこと、
ライフスタイルにあわせどのように家電を使うかによっても、家電の選び方が変わるということです。

最新の機能やコストパフォーマンスを重視するのはもちろんですが、
どの作業を家電に代替させるかによって、その機能のつかい方が変わってくるので、
「1番いい家電をください」という買い方が必ずしも正しくないということです。

普段行っている家事労働が、どのような作業なのか、
そしてどれを補い、家電に代替させるのか、そこを見極めることで
圧倒的に楽になることができるんだなということに気がつきました。

今回電気屋さんで家電を購入したのでポイントが5万円分ぐらいあります。
これでヘルシオを買おうかなと考えています。
その理由についてはまた別の記事で!

以上マツイケンジでした!

スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

マツイ ケンジ

救命センターの看護師。英国型のナーシングホームをやりたい。アロマなどを用いて西洋医学一辺倒ではないケアを提供することが目標。学園祭で講演会を1人で企画運営し成功させた。アトピー性皮膚炎の患者指導も研究している。